FC2ブログ
真レイソル人たろう 柏とレイソルを愛する高血圧オトーサンの応援記録です。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
甲府戦。「この結果は妥当だと思う」。
[No.145] 2011-06-28 Tue 23:19
とは三浦監督言わなかったですがね。いつものお得意のフレーズが。

でもボクから言わせれば,この結果は妥当だったんじゃないかと。

試合を決めたポイントはボク的にはワグネルの4点目。3点目に続いたスーパーなFKだったかなと思います。
何でかというと,去年までの甲府であれば1-3くらいの2点差は大したハンディではなく,残り5分でもフツーに追いつきひっくり返せる範囲だったからで,実際彼らにしてみればワンチャンス的だったでしょう。

それくらいヴァンフォーレ甲府の攻撃力は一度ツボにはまると手がつけられないほど強力でした。

しかし残り10分を切って3点差をつけられたらさすがに追いつけないだろうと。相手の気持ちを切るには十分な一発だったね。あれで勝利を確信したよ。

とはいえ試合全体の潮目は三浦監督直伝のゾーンディフェンスにレイソルがどう立ち向うのか,そしてハーフナーマイクを軸にした甲府攻撃陣をウチがどう対処するのか。この2点だったと思います。

で,その結果はいうまでもない。スコアが物語っています。

甲府側でいうとゾーンディフェンスも何も,前提としてレアンドロを捕まえきれなかった。これが全て。

TV中継はどうしてもボールを持っているところを映しますので,ボールを持たないレアンドロの動きは見えなかったんですが,おそらく相手マーカー,たぶん伊東輝悦と石原だったんでしょうが彼らを欺くような動きを終始してたんだと思う。思いっきりサイドに寄ったり彼らの後ろに回ったり,ぶらぶら歩いていたかと思うと急に前に飛び出したりと。
いくらゾーンを敷いてもキーのレアンドロをフリーにしてしまったら,DFラインは一気に大火事になってしまう。事実レアンドロに前を向かれた刹那,甲府DF陣はほぼズタズタにされていました。

解説の林健太郎も言っていたけど甲府の柏(ってややこしいな)がちょっと気の毒だったかな。本来彼的にはワグネルマークだったのに,後方のレアンドロも気になってしようがない。結局,どっちも中途半端なマークになってしまってえらく消耗。後半は消えてたね。

もう一つのキーワードは「スピード」。

ネルシーニョが工藤をスタメンで起用したのはある意味象徴的で「スピード」で切り裂くぞ,というメッセージだったのかもしれません。やっぱり甲府のゾーンディフェンスはまだ付け焼刃的な感が否めず,加えて現場の選手たち自身にも戸惑いの芽がもたげていたのかもしれません。「これでいいのか?」みたいなね。

そういった諸々の一瞬の感情の揺らぎが隙間を作り,相手に守備を立て直す暇を与えなかった。田中順也の美しいフィニッシュに至る一つ前のパスはどちらもダイレクトだったね。やっぱり「加速」だったんだよ。決め手は。

ゾーンディフェンスって少なくとも相手キーマンへのプレスとか圧力をかけるという前提がないと極めて難しいものなんじゃないですかね。田中順也の2ゴールはどちらもゾーンに全く引っかからなかったしね。

一方ウチのDFですが,増嶋が素晴らしかった。ハーフナーマイクにほとんど仕事をさせなかったのはスゴイ。ボク的にはこの試合のMOMです。

その他,甲府は攻撃を組み立てる選手がおらず,本来養父が藤田健の跡目を継ぐ意味でも彼をスタメン起用すべきだったと思うのですがどうして三浦さんは最初から使わなかったのだろうとか,ウチの村上はどうも一人だけリズムが違うとか,色々想像を掻き立てられるトコ満載だったですが,そこまで広げると収集がつかなくなっちゃうので止めときます。


てなわけで甲府との対戦は今年これにて終了。

なんかあっけなかったなあ。

この続きは来季に持ち越し,出来るようにお互い頑張りましょうね。

さて

いよいよここからですわね。

C大阪。仙台。広島。川崎。鹿島。

列強5連戦ですなあ。

この5試合でウチの真価が問われるってことで。

身が引き締まる想いですがどれも非常に楽しみでもあります。

ワクワクものですね。

まッ

頑張りましょ。


2011 J1第18節  ヴァンフォーレ甲府 1-4 柏レイソル  ~山梨中銀スタジアム~


スポンサーサイト
別窓 | 柏レイソル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 真レイソル人たろう | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。