FC2ブログ
真レイソル人たろう 柏とレイソルを愛する高血圧オトーサンの応援記録です。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
札幌戦。石崎監督を思う。
[No.108] 2010-09-26 Sun 13:55
激雨の27節から三日,油断していたら今日もう福岡戦。失礼しました(苦笑)

まずはあの大雨の中,聖地で声を嗄らした偉大な同志の皆様,大変お疲れ様でした。ホント雨すごかったですね。ボクもかなりの防雨対策をしていったのですが,全くムダな抵抗でした(苦笑)

試合は既に御承知の通り,5-1という大差の勝利。レビューは特に必要ないでしょう。

一言加えるならばあのピッチコンディションで放り込まずにボールをつなげていたのはネルシーニョ監督の指示だったんですね。選手たちの技量に対する信頼と揺るぎない自信を感じました。

ただ

スコアは大差がついたけど札幌はいつもと違っていたね。最後まで闘志をムキ出しにして向かって来たから。

正直言ってここまでの札幌には期待ハズレの感が多かった。

どうも今シーズンの札幌は強さを感じない。球際弱く前への突進力弱く本当に勝つ気があるのか?と他所さまのチームながらボクでさえイラッとくる。それほどひ弱さが目立つチームでした。

石崎監督はいったいどういう指導をしているんだろう?

ボクはレイソル時代の石さんしか知らないので今の有様がにわか信じられなかった。

当時レイソルは後に“鬼”と称されたほどの激しいプレスを石さんから叩き込まれ,ボクはそれが札幌で再現されることを密かに楽しみにしていたんですよね。しかし実際はプレッシングサッカーをやっている印象も薄く。

プレスひとつ取っても選手の質によるところが大きいのだろうか。だから指導方法も変え,プレッシングは封印したのだろうか。



あれこれ考えながら録画を観ていたら石崎監督のアップが何回か映ったんですがそこでちょっとアレッて思った。

石さん,柔和な表情だった。退場者を出しても大量のビハインドを背負っても,冷静に戦況を見つめていたのね。



妄想100%で勝手に言いますが

たぶんいろんな思惑違いがあったんだと思う。クラブ側も石崎さんも選手たちも。だがその縫い違えたところを一つひとつほぐし,再度縫い直している。過ごしてしまった時間は戻せない。でも今この瞬間を根気強く修正しながら,歩調を合わせようと努力している。今の札幌はそういうふうに見える。

そんな中で今出来ることは,どういう状況であっても気持ち切れずに最後まで戦う,闘志を見せること。

それがこの日際立っていました。二人退場し,大雨の中駆け付けたサポに申し訳ないほど無様なスコアを叩き付けられてもそれでも最後まで戦いきった。それは敵ながらアッパレでサポにも伝わったのだと思う。だから終了後もチャントが止むことがなかったのだ。

おそらく札幌は今シーズンの昇格は難しいと思う。しかし,あれだけ気持ちの入ったゲームを続けひたむきなサポの後押しがあれば強くなるよ。元々クラブの持つポテンシャルは高いのでクラブの方針や監督の戦術や選手の向上心やサポのアツい心がかみ合えば自然と勝ち点を積上げ順位も上がるでしょう。

まあ,ウチはもっと上に行くけどね(笑)

なんかすっかり札幌の応援記事になってしまったなあ。

誤解のないように言っておきますけどボクは札幌ではなく石崎さんが好きで彼に成功して欲しいだけなんです。それだけです。


といっているうちにもうすぐ福岡戦キックオフだ。

絶対に勝ちましょう(やっぱりとって付けたような着地点になってしまいました。スミマセン。。。)


2010 J2第27節  柏レイソル 5-1 コンサドーレ札幌  ~日立柏サッカー場~

スポンサーサイト
別窓 | 柏レイソル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<福岡戦。潔いの一言。 | 真レイソル人たろう | 千葉戦。ダービーというよりもクラシコ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 真レイソル人たろう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。