FC2ブログ
真レイソル人たろう 柏とレイソルを愛する高血圧オトーサンの応援記録です。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
不安定な日常を生きる。
[No.132] 2011-04-03 Sun 15:23
御無沙汰です。

結局未曾有の大震災となったあの日から三週間経ったわけですが,その間全く更新する気になれず,というかPCに向かう気すら湧きませんでした。

正直,何を綴ればいいのか解らず,余震と原発事故の不安にさらされている毎日です。

被災者の方々へはもう本当に御見舞を申し上げます。
自分に出来ることが何なのかよく判らない。レイソル経由で募金をしたり節電したりしています。それがどれだけの力になるのかは判らない。でも続けて行こうと思う。募金も節電も。

といいつつボク自身まだ力が湧いてこないのも事実です。情けないんですが。

もちろん被災者の皆さんのケアや被災地域の復興が最重要ミッションだけどもそれを妨げているのが原発。
政府の対応の遅さや東京電力の情報隠蔽には怒りを禁じえませんが,何よりまず両者に共通する鈍感さに絶望してしまう。放射能の恐ろしさを知らないのか,あるいは彼らには守るべき家族や友人がいないのかたぶんそのどちらかなんだろう。でなければあの危機感のなさ,信じがたい鈍感さは理解できない。

おそらく政府も東電もどうしていいのかもう分からないのだろう。

彼ら自身がパニックになりつつも,面子と立場を失い,無知をさらすことを最も恐れたのだろう。国民の生命よりもそっちが先だった。残念ながら。
いずれ政府も東電も厳しい裁きを受け滅亡するだろうが,ここでグダグダ毒を吐いても全く気分は晴れない。そうしている間にも,確実に放射性物質は大気に乗り,土壌に染み込み,水を泳いで汚染を広げている。

そこでひとつ圧倒的に思ったですが。

あの3月11日を境にボクたちの日常は大きく転換を余儀なくされたってことなんですね。
これからボクたちはずっと「原発」と「放射能」を意識しながら生きていかねばならない。それはかたときも忘れることを容赦しない,緊張感の持続を要求される,そういう日常。
良い悪いではない,もうそういう現実しかない中で生きて行く覚悟を突きつけられているということ。
それはボクだけでなく,かわいそうだけど嫁も中学3年になる息子も,みんなその恐怖を受け入れるしかない。その残念で残酷な現実。。。

なんかすみません。

久々に意を決して更新したのにやっぱり暗い話題になってしまいました。

ただ

全く関係ないですが,昨日柏のKAMOに行ってようやくレプリカユニフォームを購入しました。今月下旬に入荷しそうです。背番号のマーキングは28にしました。

レイソルイエローを久々に見たらなんか少しだけ元気になりました。

元気をもらえるものがあるボクはまだ幸せなのかもしれません。

その喜びをかみ締めて毎日を悔いのないように生きて行こうと思います。

皆さん,しぶとく元気に普通に生きてまた日立台で再会しましょうね。



スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<大宮戦。勇気づけるのではなく。 | 真レイソル人たろう | もし神というものがいるならば。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 真レイソル人たろう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。