FC2ブログ
真レイソル人たろう 柏とレイソルを愛する高血圧オトーサンの応援記録です。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
仙台戦。日立台ガマン祭り。
[No.147] 2011-07-10 Sun 17:27
ボクもね,来年45ですからいい加減落ち着かなきゃと思うんですがね。でもあんなエンドロールを用意されたらそりゃ多少のご無礼もお許しくださいと。例えば,あの瞬間ゴール裏最前列へ飛び出し防護ネットを掴んで絶叫するとかみたいな(笑)

というくらい劇的な結末だったのですが。

しかし澤は不思議なプレイヤーだ。どうも周囲と一人だけリズムが違うというか,テンポが独特というか。今回決めてヒーローになったものの,それまでパス出しもしくはもらうタイミングが合わず切替の速い仙台には格好のターゲットだったかもしれなかった。実際即ピンチになってたしね。決勝ゴールのクロスを上げた酒井は「(澤を)狙ったというよりとにかくファーへと思って」的なコメントからも案外それくらいアバウトなほうが澤にはハマったんじゃないかな(笑)

試合はたぶんこういう窒息するような展開になるんじゃないかなと予感めいたものはありました。

フォーメーションは2列目ワイドの4-4-2。仙台と同じ配置だったのでそのままぶつかればどこもガッチガチのマッチアップになるだろうと。単純にいえばね。

レアンドロがいないゆえ真ん中で攻撃を構築できないのと,仙台はセンターと比べた場合割とサイドが薄いのでそこから揺さぶるのは有効だったと思う。

とはいえ

ウチはサイド,仙台は高速カウンターと攻撃では色の違いが出たけど,守備はお互い強固で,特に攻守の切替は優劣付け難いほど速く相当膠着した。田中順也にほとんどボールが入らなかったのが象徴的だったな。

なので,この試合のキーポイントは忍耐だったわけで。

焦れない。キレない。諦めない。暑くていつも以上に心拍数も上がるし,頭も疲れるし,それでもバランスを失ってはならない。という一種のガマン大会の様相でしたが。

でも,正面からガチでぶつかる選手たちの気概や根競べや勝利への執着心やそういうのが全面的に出た試合は,やっぱり興奮する。昨日ほど日立台に参戦して良かった,ライヴで目撃できて良かったと思ったことはなかったかな。

唯一もっともらしいことを言わせてもらえば,仙台のような整備されたブロックを敷いて特に中を固める傾向のチームには,サイドからの揺さぶりとダイアゴナル,つまり斜めからニアサイドに侵入出来たらこれはかなり有効だということですね。ワタルのドリブル侵入と酒井のアーリークロスが証明したんじゃないかな。

しかし水野はやっぱりコンディションが良いと,スゴイ。技術もスピードも身体の強さもキレキレだとちょっと異次元かも。

と,まだそこまで言うのは早いかな(苦笑)でも片鱗は見せてくれたと思うよ。大津の分まで十分に補えるドリブラーです。

って

大津の件はまだどうのこうの言っちゃいけないか(苦笑)

まあそんなこんなで

昨日日立台に参戦して本当に良かった。チケット取れなかった方は残念でした。

あんな夢を見せてくれるからサッカー観戦はやめられない。

といいながら次節の広島戦は参戦できないんですが(苦笑)


2011 J1第3節  柏レイソル 1-0 ベガルタ仙台  ~日立柏サッカー場~


スポンサーサイト
別窓 | 柏レイソル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<広島戦。自宅で酔っ払って一言。 | 真レイソル人たろう | C大阪戦。焼け野原で一言。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 真レイソル人たろう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。