FC2ブログ
真レイソル人たろう 柏とレイソルを愛する高血圧オトーサンの応援記録です。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
広島戦。久しぶりながら一言。
[No.161] 2011-10-27 Thu 00:05
御無沙汰です。

一ヶ月間が空いてしまいました。

今シーズンのJ1も佳境に入り,我らが柏レイソルも優勝争いの一角に残っているだけに,緊張の続いている日々ですが,同士の皆様方,お元気でしょうか。

ボクも鹿島戦,山形戦と記事を落としてしまい悔しく思っていますがこの2戦もとても重要だったので,後追いながらいずれ記事で残すつもりです。

で,先週のアウェー広島戦。

相変わらずのスカパー観戦でこの試合のポイントはどこだったのかと,毎日何度か観直していたわけですが。

ボク的にはジョルジの同点弾が生まれるほんの3分くらい前のあるプレーがとても引っ掛かったですね。

クサビのボールをキタジが受けて中に入って来た水野に渡したときに,ジョルジも中に入ったのね。でも広島のDF陣は水野の体勢から左寄りに構えたんだけども,そこで彼はキュッと軽く向きを変えたんだよね。

向きを変えただけで目の前にスペースが出来てそこにジョルジが,いた。

結果そのときのシュートは西川に弾かれたけど,あれが同点シュートの前フリに見えて仕方がなかったです。

既にエルゴラを始めとする専門誌(紙)が語っている通り,水野が入って流れを引き寄せた,風向きが変わったのは明らかだったですが,それを最も象徴したシーンだったんじゃないかな。

すごく大きなプレーだったと思う。

以前サッカーマガジンで広島のパスワークと敵のブロック崩しのからくりについて解説されたコラムがありまして,それによると3-4-2-1のちょっと今どきのJリーグでは独特のフォーメーションにそのカギがあるとのことでした。
今のJではそのほとんどが4-4-2ですが,この3-4-2-1は相対峙したときガチでマッチアップしないように相手のすき間に配置されていると。他方,敵陣は広島からボールを奪おうとすると自分の陣地を空けねばならずそこにまたパスコースを与えてしまうんだそうです。


で,何を言いたいのかといいますと。

確かに瞬時に身体の向きを僅かに変えてジョルジに絶妙のパスを送った水野はやっぱりレベルが高かった。でもそれ以上になんであのときジョルジはフリーでボールを受けられたのか。てかナンで広島のバイタルが一瞬ぽっかりスペースが出来てしまったのかっていう疑問があって,そこを何回も繰り返し観返したのですがね。

たぶん,さっきちょいと字面を増やして綴った広島フォーメーションのメカニズムを逆手に取ったんじゃないかなあって。

とはいえ実はまだそのロジックは解らないです。といいますか,こんなのボクの妄想でしかないといえばそれもその通りで。

ただあのとき,つまりキタジがクサビを受けたとき,水野とジョルジが両サイドからほぼ同時にセンターに入ってきてボランチから前線まで俯瞰するとフォーメーションが一瞬4-2-2-2になった。そう,いっときウチのスタンダードだった陣形ですわね。
要するに思いっきり真ん中に絞ったボックス型の陣形が,広島のフォーメーションのすき間にハマッたんじゃないかと。もう一度言いますがそのロジックはボクにもまだわかんないです。ひょっとしたらそんなのたまたまかもしれないし。

でもジョルジのあのグレートな一発はやっぱり彼が真ん中に入って,前を向けたから生まれたゴールなんだよね。てことはシュートを打てるだけのスペースがやはり在ったってことなわけでね。

とまあ

この広島戦はその他本当に見所がたくさんあってもっと色んな側面から綴りたいんですが,それこそ果てがなくなるのでこのへんで。ボクの中ではこの水野とジョルジが構築した瞬間4-2-2-2が流れを引き寄せたプレーだと思ったのでそこをクローズアップさせていただきました。

ただこの試合をVTRで観る機会があったら是非見て欲しいのはこの同点からキタジのバックヘッドで逆転するまでのおよそ15分間の両軍のせめぎ合いです。

お互い次を読んでカットしたり流麗なパスワークでかいくぐったりと。凄くハイレベルな攻防でありました。確かファウルがほとんどなかったような。

というように。

サッカーは様々に色んな観方が出来て,それを好き勝手に語れる自由さやイマジネーションがある。それが観戦の醍醐味であり快楽なんだなって実感したゲームでありました。

さて,難敵・サンフレッチェ広島をアウェーながら見事に破ったレイソル。これで3連勝。そして残り4試合。

なんか興奮する展開になってきましたなあ。

ここまで来たら堂々と「優勝したい!!」って口に出して良いと思います。昇格組だのなんだのそんなの関係ない。

このまま走り続けましょう。

優勝ロードまっしぐらです。


2011 J1第30節  サンフレッチェ広島 1-3 柏レイソル  ~広島ビッグアーチ~

スポンサーサイト
別窓 | 柏レイソル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<清水戦。失神寸前で一言。 | 真レイソル人たろう | ただいまメンテナンス中。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 真レイソル人たろう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。