FC2ブログ
真レイソル人たろう 柏とレイソルを愛する高血圧オトーサンの応援記録です。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
C大阪戦。ACL込みで3連勝。
[No.179] 2012-05-22 Tue 23:49
1点目の酒井のクロスがこの試合のエポックメーキングだったね。

高さといいスピードといい軌道といい,グレート。あそこはキーパーも届かない。ウム。アッパレ。

つまらないといえばつまらない,些細といえば些細な,しかしそれでも切れ味鋭いセレッソのカウンター一閃で先制喰らったのは参ったけど,まあえてしてフットボールはそういうもの。序盤あれだけ攻めていいとこまで行って決められない。その報いを受けたといいますか。

でもなんかこのままズルズル負けるような雰囲気じゃなかった。だから最後まで信じられたよ。

前節ACLの全北現代戦でも実感しましたがやはり守備がしっかりするとレイソルは強いよ。前にも言いましたがウチは守備でリズムを作るチーム。まずは球際しっかり,迫られても身体を張る。そういうことですよね。



勝敗の分かれ目は色々見方があるでしょうけども,ウチがどういう戦術で臨んだかとかその前にセレッソ大阪の現状というのが全てだったんじゃないかと。

なんかすっかり変わっちまったね。

今年のセレッソは他と見映えの変わらない平凡なチームになっちゃったんかな。あの憎たらしくなるような個々の技術を存分に生かしたドリブルやパス,変幻自在の飛び出しとシュート,特に2列目のゲームメイクをベースにしたイケイケサッカーはほぼ消滅してた。ブロック作ってサイドに預けて。。。というフツーのサッカーをやってた。それは確かに手堅いよ。失点も減るだろうさ。でも恐さがなくなってしまったね。

もちろん清武は際立ってたね。ちょっと抜けてる。素材の違いというべきか。それは扇原にもいえるんだけどね。

でも極端にいうとそんな“持っている”彼らがこのゲームではそのままウィークポイントになっちゃったのかな。

清武は酒井を自由にさせ過ぎて,扇原はレアンドロのマークがゆる過ぎた。

ウチのストロングポイントをあれだけフリーにさせたらそりゃアンタ負けるわけないって。

清武は左SHなんですが中に入って行ってしまうので酒井のマークがセレッソ左SB黒木ひとりになってしまう。そこはさすがにちょっと役者が違った感。
扇原もレアンドロを止める前にボールを受けたがって,とにかく前へ前へだったのでおかげでウチのキングは好き勝手やらせもらえました。

この試合の焦点は以上だと思います。

これでレイソルはACLを挟んで3連勝。やっぱり勝つと気分イイね。ようやく昨年の勝負強さが戻ってきたといいますかね。

でも全北にしてもそして今回のセレッソもいわゆるオーソドックスなチームだったので万全ではない。

広州恒大や仙台,広島など攻撃にしろ守備にしろ“突き抜けた”チームに勝てるか。どうやって勝つか。

最終的にはそれが課題になるでしょうね。まあでもレイソルならやってくれるでしょう。

最後に一言。

那須はイイと思います。那須のサイドバックはアリだよ。実は去年彼がサイドバックをやってたジュビロにボッコボコにされたんだよね(苦笑)。ワタルとも違ったタイプでスピードはそんなにないですが身体の強さとボールコントロールの巧さ,そして状況判断の正確さは素晴らしい。

那須のサイドバック起用はアリです。


2012 J1第12節  セレッソ大阪 1-2 柏レイソル  ~大阪長居スタジアム~


スポンサーサイト
別窓 | 柏レイソル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<背番号9が泣いた日。 | 真レイソル人たろう | 川崎戦。歓喜の一夜から一言。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 真レイソル人たろう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。