FC2ブログ
真レイソル人たろう 柏とレイソルを愛する高血圧オトーサンの応援記録です。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
札幌戦。個人能力は高いんだってさ。
[No.77] 2010-04-11 Sun 23:03
と,しきりに喧伝してましたよスカパーの実況解説陣が。

ボクはレイソルの個人の能力が高いなんて実感したことなかったので妙に違和感だったんですが,ドローの結果にその言葉が逆に屈辱的に感じられて,悔しくて仕方がなかったですね。

終了後挨拶の場面が一瞬映りましたが,見た限り拍手で迎えたサポはいなかったね。同様にあからさまにブーイングしている同志もいなかったようだけども。

前半は良かった。ボール奪取鋭く,落ち着いてビルドアップ。細かいパスワークで崩し。極端にいえば札幌にほとんどボールを触らせなかったくらいで。

ただ

攻撃に恐さを感じない。過去5節,なかなか点が取れないなと思ったけどペナでの勝負が足りない気がする。それはシュートの本数とは関係ないよ。

同時にこれはボクの妄想であって欲しいけど相手はウチと対戦するとき,普段とは違った尋常じゃないテンションというかモチベーションで来るのではないか。それが個人の能力とやらを凌駕するのではないかと。

レイソルの試合がいつも僅差になっているのはそこが要因じゃないかと勝手に解釈しているんですがね。

にしても

この疲労感といいますか徒労感といいますか。

アツくはなったが振り返るとあまりひっかかるものがなかったっていうのかな。

やっぱりボールを圧倒的に支配していたのに勝てなかった喪失感が大きいからか。

本当は札幌で展開しているであろう石崎サッカーの体感とか石川直樹の試合中の顔つきとかそういう視点をベースに観るつもりだったけど,そういうのもあまり伝わらなかった。

レアンドロドミンゲスのスーパーなゴールで追いついたんだけども勝ち点2を失ったような敗北感の強い引分だったね。

まあ選手もサポも皆悔しさで気持ちが塗りつぶされている今夜ですけども。

この思いを忘れずに次節は気持ちを前面に出して,もっとペナルティエリアで仕掛けて絶対に勝とう。

現地に参戦されたアツき同志の皆様,お疲れ様でした。


2010 J2第6節 コンサドーレ札幌 1-1 柏レイソル  ~札幌ドーム~

スポンサーサイト
別窓 | 柏レイソル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<鳥栖戦。堅く勝つ,ということ。 | 真レイソル人たろう | 水戸戦。これでいいのだ。で,一言。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 真レイソル人たろう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。