FC2ブログ
真レイソル人たろう 柏とレイソルを愛する高血圧オトーサンの応援記録です。

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ファン感。そして万感。
[No.94] 2010-07-11 Sun 12:18
予想外の晴天で久々のファン感は正直楽しかった。

フードコートやボールパークは選手と直接触れ合えたし,アトラクションもコンパクトにまとまっていて,実行委員会のセンスを感じたね。

でもやっぱりミノル最後の日ってのがずっと頭にあったせいかどこか感傷的になっていました。

最後に本人から挨拶があってそれは良かった。移籍はなかなか直接本人が挨拶をする場がなくて寂しいことが多いけど,今回はスケジュールとタイミングが上手くはまった感じ。


ミノルの移籍については色々思う。

ボクはミノルのファンで彼にはずっとレイソルで通して欲しかったんだけど,ただイチサッカー選手の視点に立つと分かる気もするかな。

今レイソルはスタメン定位置の競争が本当に激しくて,ちょっとやそっと活躍したくらいでは出られないしうかつにケガも許されない。もちろんそれが選手を鍛え,チームを強くするのは自明で,なおかつ確かにその中でレギュラーを勝ち取ってこそ,というのが筋ではある。誰にも文句は言わせないぞ,というね。

そうなんだけどさ。確かにそれが筋で,カッコイイんだけどさ。

でもやっぱりサッカープレイヤーとしては試合に出たいというのが本音で全ての出発点だと思う。

そりゃジュビロに行ったから出場が確約されるわけじゃない。ただジュビロを初めいくつかミノルにオファーがあったのは事実で,彼を戦力として正当に評価したからこそオファーが来たわけで,少なくとも試合に出る可能性は広がると考えるのは自然だ。

そこでミノル自身がどちらの可能性をベターと考えたか

レイソルでこのまま頑張り続けるか,磐田へ行くか。どちらが自分にとって可能性なのか。

たぶんそういうことなんだと思う。

でボクも彼の選択を支持する気持ちがどこかにあるんですよね。

出来れば堂々とスタメン争いに勝って欲しかったけども,でもそんなことよりもまずはピッチで躍動するミノルが見たい。たとえユニの色が違っても,とにかく小気味良く楽しそうにボールを追いかけるミノルが見たくて仕方がない。

菅沼実は不思議な選手でピッチの上で輝くとユニの色さえどうでもいいと思わせるところがある。

だからジュビロで思いっきり暴れて欲しい。心からそう願います。

しかしつくづくサッカー選手という職業は切ない。

チームメイトは全員が競争相手で,でもチームワークがないと試合には勝てないし,身体にかかる負担が激しく消耗も早いので輝けるのは一瞬だ。そして使えなければクビ。他で拾ってもらえれば移籍。

いずれにしてもいつかチームを離れるという前提で成り立っている仕事で,彼らはそれを覚悟してそれを選んでいるんでしょうが,やっぱり非情というか切ないよなあ。それを考えると我々ファンの立場でも選手個人を追いかけるのはいつもリスクを背負っているんですね。いついなくなるか分からないという前提でファンをやるわけだから。
しかも背番号だけが次の選手に受け継がれるという。。。

すみませんやっぱりちょっとセンチメンタルな気分になってしまいました。

しかも

今回レンタル移籍という形になりましたが,向うで活躍すれば完全移籍もあり得るし,そうなったらミノルはもう戻って来ないかもしれない。彼の挨拶を聴きながらちょっとそういう予感めいたものを感じてしまったんですがね。


でも最後に彼はマイク越しに言ったね。

「また,会いましょう!」

ちょっと鳥肌立ってしまった。

だからこっちも万感の思いをこめて,返します。


いってらっしゃい。


ジュビロでの飛躍を祈っています。

スポンサーサイト
別窓 | 柏レイソル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<横浜FC戦。あれは厄日だったか。 | 真レイソル人たろう | パラグアイ戦。今更一言二言。>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 真レイソル人たろう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。